インターネットを光回線に変えることで、代表的な

インターネットを光回線に変えることで、代表的なものとしてあげられるYoutubeなど動画サイトも問題なく観る事が可能になるでしょう。

回線が速くないものだと動画が途切れてしまったり、大きなファイルを送信する場合にタイムロスになりますので光のような高速回線を推奨します。
業者に依頼する引っ越しでは、流れとしては引っ越しの日程など大まかな枠組みが見えてきたら、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、こちらの要望との折り合いがつけば、業者に引っ越しの正式な依頼を行います。

費用を節約するため、荷造りを自前ですすめる場合は、業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。

引っ越し当日は、作業の流れについて業者に任せておけばスムーズに進みます。

以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折に新しく購入したマンションに、引っ越すことにしました。その引っ越しの日の作業中、大きなテーブルがあって、取り外し可能な脚がなかなか取り外せず、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、不当な値段などではなかったと思いますが、追加料金を請求されてしまいました。

事前に、例えば見積もりの時にどういったケースで追加料金を払うことになるのか、確認しておけばよかったです。

引っ越し会社の用意するプランは色々あります。

梱包から運搬、開梱まで全てを引っ越し業者に任せることにしてしまうと、一番楽で苦労せずに済みますが、高額になることもあります。単身での引っ越しなら、お一人用のサービスがありますから、それを利用しましょう。それだけでもう、引っ越しに必要な支出を大きく減らすことができますから、その分は、何かと物入りな新生活のために使えるというものです。

毎日快適に生活するために必要な環境は、住居の中だけとは限りません。良好なご近所関係も住環境の一部です。よりよい関係づくりの手始めとして、引っ越し時の挨拶は早急に済ませましょう。

ちょっとした手土産を携えて伺うのが良いでしょう。

挨拶に時間をかける必要はないですが、好印象を与えるようにしてください。

どんな人間関係も、第一印象で決まります。

引っ越すことが決まっているのなら、物件の貸主は次の借り手を探さなくては大変なので、速やかに連絡をして欲しいでしょう。
まだ大丈夫でしょと思っていると大家さんにも良くない印象を与えますし貴方に違約金を請求されることがあります。業者に支払う引っ越し費用は、全く同じ引っ越しの依頼だとしても、時期による変動は必ずあります。
年度末及び長期休暇中は曜日に関係なく引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、どの業者も高めの料金設定になっています。

時期が選べれば繁忙期以外の閑散期に依頼できるといろいろな意味でお得になってきます。
閑散期と繁忙期の差は、ほぼ倍になるケースも見られます。

段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。

数と大きさを考えながらダンボールなどの梱包材を揃え、使わないものをまず梱包します。日常的に使うものをのぞき、大まかな種類で分け、さくさくと梱包していきます。ダンボールの外側には、中身の種類を書いた紙を貼ることで荷物を開ける際、役立つでしょう。
電気、ガス、水道、電話など、ライフラインの移動手続きももれがないよう早めに進めてください。

引越するとなると、電話関連の手続きも不可欠です。ただし、固定電話ではなく、携帯電話に関しては、各携帯ショップに行って手続きするか、ネットで手続きするだけであり、工事などは発生しません。

この頃の人たちは、固定電話を契約しないケースがほとんどです。
法律上、賃貸物件からの引っ越しの場合、必ず、退去時の原状回復義務があります。
一方で経年劣化は避けられません。
入居者による破壊や破損と判断されると修理費用は入居者持ちとなる可能性が非常に大きくなりますが、日焼けなど、避けられない変化は入居者の費用負担で直す必要はありません。

いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことが自分にとって一番有利だと言えますね。

この間、引っ越しまして、聞いていたとおり、本番を迎えるまでが大変でした。

マンションの高い階に住んでいたため引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。近所に引っ越したこともあって、お金を浮かせようと自分で運べそうなものを残しておいて今日はこれとノルマを決め、台車を借りて荷物を載せ、新居に搬入しました。
台車一台で、よくも運んだものです。
荷物を運搬する業者とは

引っ越しに向けた用意は、とて

引っ越しに向けた用意は、とても煩わしいものです。

片付けは急ぐ必要はありませんが、梱包作業は引っ越し当日までに終わらせておくべきです。不精者の私は、いつ準備を始めようかと考えてはみるものの、結局ギリギリになってあたふたと準備する性格です。家を引っ越すというのは大仕事になります。

するべきことがたくさん出てきますが、とにかく最初に必要となるのがライフラインの準備でしょう。中でも特に水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますからかなり大事です。

水道を使えるようにしておくタイミングは、いつ頃からがいいかというのは人によりますが、目安としては、引っ越し日の前辺りはバタつきますので避け余裕をもって、越してくる日から逆算して、一週間くらい前に水道が使える状態になっていたら、それで十分でしょう。

俺は昨年、単身赴任の転居をしました。

私の会社員生活において初の単身引越しでした。

会社の規則で複数社から見積書をもらい、一番リーズナブルな業者を選択するのですが、赤帽が選択されました。
最初は不安を抱いていたものの、手際のよい引越し作業だったので、次に引越しする時にも赤帽を利用したいと思いました。
いざ引っ越そうという時に、家のエアコンはどうしたらいいのか決まっていない、といった悩みをお持ちではないですか。エアコンという家電は意外と扱いが難しいものです。取り外しや取り付けも、知識がないと失敗するおそれがありますし、では、電気屋に来てもらうべきか、業者に引っ越し当日、取り外してもらうか、また、転居先での取り付けはどうするのか等々、わからないことが多くて困ってしまいます。エアコンに関しては、専門家に任せるのが一番確実ですから、エアコンサポートセンターなどに疑問点を尋ねてみるのがおすすめです。引越しを会社に頼む場合、ハンガーにぶら下がっているコートなどの服をその前に外して畳んだりしておくことは必須ではありません。

引っ越し屋さんがハンガーが吊り下げられる大きめの段ボールを持ってきてくださって、それに入れたまんま、トラックで搬送してくれます。
シワもくっつかないので、いいですよね。
フレッツwi-fiが繋がらない際は、一度全機器の電源をOFFにしていちから接続し直してみると良いかもしれません。

それをしても接続が実現できない場合には、初期設定を丁寧に見直してみます。カスタマーサービスに質問すれば分かりやすく教えてくれますが、電話があまり繋がらないのが悩みです。

費用は曜日によって違ってくるため、引越しするのに余裕がある場合は、日取りの予定を複数だしてみて料金を比較検討してみましょう。会社が忙しいとわかっている時を除いて、費用が抑えれている頃を見定めて、割安になるようにしましょう。忙しい時や閑散期をくらべると忙しくない時のほうが言い分が通りやすく料金をおまけしてくれることも多々あるみたいです。新しい住まいに、物を運びこもうとする際に、設置の場所に、かなり気をつけたい家電がなによりも、洗濯機ではないでしょうか。ほぼ毎日、多量の水を使う洗濯機ですから水道の近くに置くことになります。洗濯機の設置される場所というのは、家の中でも一番湿気のこもる場所であることが多く、水漏れが出てしまった時の惨事を想像すると、湿気対策の換気、それから水漏れの対策をぜひ完璧にしておきましょう。とんでもない数のものが身の周りにある生活をしている方がいるとすれば、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは所有するものの整理と荷造りでしょう。

ものの多さの余り、荷造りを終えられそうにないと思ってしまえば引っ越しができないのではないかと思うかもしれませんが、いいきっかけになったと割り切って捨てることを楽しめれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。

いざ引っ越し作業を始めようというタイミングで、なければ何もはじまらない物は何かと言うなら、とりあえずダンボールを外すことはできません。新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。重量のあるものは小さい箱に入れるなど、使い分けられるように大小揃っていると何かと困らないはずです。相当多く使うことになるはずですので、心もち多めに用意しておくと、安心かもしれません。無料で入手したいなら、スーパーなどお店でもらえますし、新品をホームセンターなどで買うこともできます。
ですが、引っ越し業者の方でも、荷物運搬用のダンボールは用意していますから、これを使用するのが強度や扱いやすさを考えると、おすすめです。引越の時にその場で確認するのは面倒くさいと思ってもしっかりやっておかないと後で困ることになるかもしれません。賃貸料金を支払って借りていた物件の場合には、不動産屋さんや大家さんが、立ち会って確認することになります。
敷金をいくら返還するかに、関係してきますから、とにかくキレイにクリーニング作業をしておいてください。また、リフォームをしなければならない箇所を、お互いに調べることで、トラブルを未然に防止することにもつながります。うちは大家族で、荷物もかなり量が多いです。
なので、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。
そして、いつも迷うのが、心付けをどんなタイミングで渡すべきか、です。料金は料金としてちゃんと払うにしても、長い時間働いてくれた、プロの作業員の方達に、感謝の気持ちを抑えられなくなるのです。いつも飲み物をペットボトルで一本ずつと、加えて作業してくれた各々に千円をお配りしているのですが、こういった際の心付けの金額は、皆さんはいくら包んでいるのだろうか、と気になっています。引っ越しを決める前に相場を知っておくという事は、とてつもなく需要です。

だいたい予想がつく値段をあらかじめ知っておけば、吹っ掛けられる心配もありません。ただ、年度末の慌ただしい時期につきましては、値段が高騰する場合も多々ありますので、早めの見積りをお勧めします。

フレッツのクーリングオフをしたい際には、契約の内容が書いてある書面を受け取った日から8日間であれば書面を用いて無条件で申し込みを取り消すことができます。フレッツは契約を強いる勧誘が問題になっており、クーリングオフをしたいという人々も少なくない数いらっしゃいます。クーリングオフができない際には、解約金を支払ったとしても解約したいと考える人もいます。

以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折に新築のマンションを買ったので、引っ越すことにしたのでした。引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、あきらめて、そのまま運んでもらったのです。そうしたら、まあまあ妥当な値段だとは思いましたが、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。
見積もりを出してもらった段階でどんな時に追加料金を払うことになるのかを、確認しておくべきでした。
冷蔵庫にも搬入できる業者がいる

部屋の引越しにあたって、それまで住んで

部屋の引越しにあたって、それまで住んでいた家が借家の場合には原状回復義務というものが生じます。
原状回復義務というのは、借りていた時につけた傷や壊してしまった物などを元の状態に戻す義務のことで、通常はその費用を敷金から差し引かれて、あまったお金が返ってくるというような形となります。
私が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物に入れて荷造りするかどうか迷いました。うちは車を所有してたので、夫が細かい荷物や貴重品とともにパソコンものせて新宿まで持っていきました。PCは目いっぱい梱包しても、もしも、誰かが起動させたら、個人情報がすごく入っているため、かなり心配だったからです。大きめの家電などを、引っ越し作業中に運んだりしているのを見かけると、何かのはずみで落としてしまったりしないか、と不安になります。落として傷つけたり、最悪の場合は壊れてしまった、などという状況は最悪ですから、なるべく、荷物の安全に気を遣うスタッフがいる会社を利用したいと考えています。引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し業者から補償を受けられるので、素人の自分がやるよりは引っ越し業者にやってもらった方がいいかもしれませんね。
これから引っ越し、という人にとって必要なものと言えば、とにかくまず、ダンボールではないでしょうか。荷造りをするためには、ダンボールはどうしても必要となってきます。
用途に合わせて使い分けられるように、大小いくつか種類があると使い勝手が良いでしょう。

荷物が多い場合はダンボールも大量に必要になりますし、想定より多めの個数を準備するのが良いようです。

入手先としては、スーパーなどのお店で使用済みをもらったり、ホームセンターで購入したりできるものの、引っ越し業者の方でも、荷物運搬用のダンボールは用意していますから、これを使用するのが無難かもしれません。
市販のものを購入するより安くつくことが多いです。引っ越し業者に頼む場合でも、自分自身である程度梱包を行っておけば、比較的、引っ越し料金を節約できます。それに加えて、実際に引っ越しに掛かる時間も短くして、ほかのことに時間を使えるようになります。
テレビのCMや雑誌の広告などで全てお任せできると謳っている引っ越し業者でも実際にはいろんな目的別のプランがありますので、一度自分できちんと調べてみるほうがよいでしょう。
転居する際、トラックを停止したり、一時的に荷物を通路に置いたりするため、あらかじめ隣近所の家に挨拶に行くのが当たり前のことです。車の利用や通行の支障になりますので、あらかじめ了解を得ておくとその後のトラブルも防げます。引越し業者に依頼した場合は、そのような事も代わりに行ってくれます。荷物のすごく多い、大家族ですので、ほとんどの引っ越し作業について、お任せするプランを利用しています。

ところで、いつものことながら、いつ心付けを渡したらいいのか、タイミングを判断できません。
正規の料金はもちろん、しっかり支払いますが、大変なお仕事を終わらせてくれた、そんな皆さんに、自腹でお礼の気持ちを伝えたくなります。

おつかれさま、とペットボトル一本と千円ほどをお配りしているのですが、皆さんはだいたいお幾らほど、そしていつ渡しているのか、知りたいところです。

近い距離の引越しの際は、大手の引越しの業者と比較して、地域の引越し業者の方が良い場合もあります。地元密着型の引越し業者は、費用が安くて小さい要望にも対応してくれるところが多いです。それに、自分で運ぶことができる荷物は自身で運んでしまって、大型の家具、家電を中心に引越し業者に依頼すると、引越し費用を削減できるかもしれません。

混雑する時期は、人生の節目もかさなり、引っ越す人が多くなる頃です。

一番のシーズンで引越し業者が一番忙しいため、引っ越しする費用が閑散期と比べて、高くなってしまっているのでたくさん比較してみて安くしてみましょう。

荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、その中でも、新生活を始めるにあたって、どうしても必要な水道を開通させることは引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。いつ頃までに、水道を使えるよう準備できていると都合がいいかというと、目安としては、引っ越し日の前辺りはバタつきますので避けちょっと念入りに、越してくる日から逆算して、一週間くらい前に使用可能になっていたら、理想的です。引越し費用には定まった価格はないですが、おおよその料金相場を知っている場合は、引越社の検討や料金を安くしてもらうことが出来ます。

引っ越し条件をみなおしたり、引越業者が都合のいいようにあせわてあげることで、費用をまけてもらうこともできるようになります。
家移りを経験した方なら誰でも思い当たることでしょうが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。
自分の引っ越しでも経験してきたことですが、解約自体が大変ということはありません。

ところが、転居までに解約が終わっていないと、転居後に使われた分も請求されてしまいます。
くれぐれも注意が必要です。その際、転居後も月末まで料金を請求されるのが普通です。賃貸の部屋から引っ越しをする場合、最後に出て行く時には、なるべくきれいに掃除をしておきましょう。特に何かメリットがあるとは言うことはできませんけれど、ただ、部屋を管理する人の心証を、多少良くすることはできるでしょう。
これが敷金返還について良い風に、影響が出ることも考えられます。
お掃除については、もし落としきれない特殊な汚れや自分で修理するのが不可能なレベルの傷や破損は、あきらめて、それ以上触らないようにしましょう。あれこれいじり倒すと、余計に悪くなることの方が多そうです。引越しの際、服などが衣装ケースに入っていると楽に運搬ができます。私のオススメはクリアなプラスチックの衣装ケースです。
これだと、中に入っているものが見えるので実に便利です。

引っ越した後だと、荷物のどこに何が入っているのか、しばらく分からない状態になったりもしますが、衣装ケースにいれておくと、そんな悩みがなくなります。
引越しの挨拶まわりに行くのなら、引越しをしたその日に行った方が喜ばれると思います。
引越しの騒音などで、迷惑をかけた謝罪も兼ねて、礼儀正しく挨拶をしておきましょう。引越し先の家へ荷物を運び入れる前に一言挨拶をしておくとうまくいくかもしれません。

どっちにしても、できるだけ早めに挨拶に行った方が、近所付き合いがうまくいきます。
引越しするときの費用がどうも相場くらいだったようだ

私は色々な消費者金融から融資を受け

私は色々な消費者金融から融資を受けていたのですが、返済することができなくなり、債務整理をせざるを得なくなりました。
債務整理にも様々な方法があり、私が選んだのは自己破産でした。自己破産すると借金が清算され、負担が軽減されました。
家族に言わずにお金を借りていましたが、とうとう払えなくなり、債務の整理をする事にしました。

かなり多額の借金のせいで、もう返済が不可能になったのです。
話をしたのは某弁護士事務所でかなり安い金額で債務整理を実行してくれました。
かかる料金や実績をチェックしてから、債務整理を依頼する弁護士を決めるようにしてください。ですが、事務所によっては異なる料金システムをとっていることがあるため、手付金にかかるお金は少なくても、成功報酬など、その他の費用が高く、結果的に高い料金を払わなければならないケースもあります。実際に利用した人の感想や口コミをネットで確認してから弁護士事務所を見繕い、実際に状況を相談し、納得できる説明をくれる弁護士ならば、正式に依頼しましょう。

生活保護を受給している人が債務整理をやることは出来るということですが、やはり利用方法については限られてしまうことが多くなります。
そもそも弁護士の方も依頼を断る場合もあるので、実際に利用できるのかを冷静に判断した上で、頼んでください。実際に債務整理を行う際の注意点です。
これは増えすぎた借金を整理するために重要な方法ですが、無事に解決するまで数ヶ月かかる場合があります。

長い期間ですから、この間にお金を借りる必要が出てくるかもしれません。しかし、新たな債務を抱えるような行動は避けてください。

仮に、このことが伝わってしまったら、裁判所での立場が悪くなって、免責が許可されなくなることもないとは言い切れません。
婚約者がいる状態で債務整理をしても大丈夫なのでしょうか?実際は、債務整理では債務者本人の借金だけが清算されるので、結婚の予定があっても気にする必要はありません。

普通、債務整理で借金を処分したからといって、配偶者や婚約者が返済の責任を負ったり、分担させられることは絶対にありません。

けれども、婚約者にとって、相手が債務整理をしているということは重要な問題になると思います。

債務整理の事実を婚約者に正直に伝えてから婚姻関係を結ぶようにしてください。

家族に内緒で借金をしていた時、どうにも返済ができなくなってしまい債務整理をしました。

任意整理をして債務額を減らそうとしたのですが、その時にはもう借金が増えすぎていて担当の弁護士から個人再生を勧められる状態でした。
車は引き上げられてしまいましたが、住宅を残しておけただけでも不幸中の幸いでした。

借金の総額を大幅に減額できたうえ、家族に対して借金のうしろめたさを感じず済むようになったので、債務整理をして良かったです。

自己破産や個人再生といった債務整理では、対象がすべての債権者となりますが、裁判所を通さない任意整理の場合は借入先一社ごとに手続きをします。債権者一箇所ごとに費用がかかるので、全部の債権者を対象とするのではなく、たいていは減額幅の大きい債権者を選んで行われるものです。
借金があまりないところまで債務整理の対象とすると、司法書士や弁護士に支払う費用が高くなり、減額の効果が薄れてしまいます。

最近の弁護士事務所の中には、インターネットを介して債務整理の相談に応じるところも少なくないようです。近場でちょうどいい事務所が見つからないと気を落とさずに、何はともあれネットがあるのですから自分が置かれた状況をメールで相談することも考えるべきです。
任意整理ならば電話と郵送だけで手続きを終えることも不可能ではないので、やる気を出してその足を踏み出してみてください。

いかなる債務整理であっても、弁護士等に手続きを委任すると、早々に受任通知(介入通知)の送付が行われ、処理が始まります。

手続き中に仮に債務者側の事情で手続きを中止したいと思っても、いったん動き出した債務整理というのは止めるというのは、時期にもよりますが対応できないことの方が多いです。なかでも難しいのは自己破産で、手続きに入ると取り下げることはできませんので注意してください。

あとあとまで履歴が残るのが債務整理ですから、充分考えた末に開始するべきです。
また、始める前なら弁護士等に相談することもできます。
金銭トラブルと借金問題

任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をし

任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、CIC、JICC、全銀業などの個人信用情報機関に記録されます。

ですから新たなローンの申し込みは受け付けてもらえませんし、それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。それから、クレジットカードを新しく作るのはまず不可能です。

ただ、現在返済中の債務については、自己破産しないかぎり債務を返済する義務は残っていますので、支払いそのものは継続します。

いざ申請や手続きに入った際には、極力早めに片付けたいという思いが債務整理を考えている人皆さんの中にあることでしょう。ですが、負債について免除あるいは減額のような措置が許可されるのには当然ある程度待たなくてはなりません。債務整理にどの方法を使うのか、司法書士や弁護士などエキスパートに手続きしてもらうのか、全ての手続きを自分でどうにかするのかなどの条件次第で必要となる時間は左右されます。
奨学金の借り入れをする場合は人的保証(保証人、連帯保証人)が不可欠です。

ただ、その保証人が過去に債務整理を行っていると、そこがネックになって審査落ちすることもあります。

親族が高齢で保証人を頼めないというケースもありますし、事情があるのなら保証機関に連帯保証をしてもらうと、まったく保証人を立てずに奨学金の貸し付けを受けることができます。気になる保証料ですが、これは奨学金の貸与月額から自動的に引かれるので、最初にまとまった保証料を用意する必要もありません。

自己破産とは、借金を返すのがもう絶対にできないということを裁判所から分かってもらって、法律上で、借金を免除してもらえるシステムです。

生活する際に、最低限いる財産以外は、すべてを手放すにことになります。

日本の国民である以上は、誰でも自己破産をすることができます。任意整理が終わってから、いくらお金を使う理由があるからといって、消費者金融などからのキャッシングを申し込んだとしても、審査される際にNGが出されます。
一旦信用情報機関のブラックリストに記されてしまった場合、記載が削除されるまでには5?10年の月日が必要であるため、その時間を待てばキャッシングが可能です。

債務整理をしたことがある知り合いからそれについての経緯を教えてもらいました。

毎月ずいぶん楽になったそうで非常に良かったです。

私にも多数の借金がありましたが、今は全部返済し終えたので、私には関係ありません。債務整理には難点もありますから、全て返しておいて良かったです。
債務整理の際の注意点ですが、個人事業主が個人再生をした場合は、帳簿の上での売掛金が現金化されていない場合は、資産扱いとして処理されます。

例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、債務整理で個人再生をしたら、800万円の借金が免責され、債務額を200万円まで減らせます。ただ、仮に100万円の売掛金があると、この5分の1の20万円分をプラスした合計220万円の債務となります。
もう、債務整理するしか借金問題を解決できる方法が残されていないような状態の人には、重度のうつ病が多重債務の要因になったという人も少なくありません。

仕事に行けずに、返済ができなくなったり、不足した生活費を借金で遣り繰りしていたところ返済できない程の金額になってしまったということは、相談しにくいことですから、孤独に悩むという人が後を絶ちません。

そのために、元々あったうつ病がもっと悪化してしまうといったこともあります。債務整理の場合、弁護士と相談する必要がある事項が莫大にあります。弁護士を選ぶポイントとしては、話しやすいと感じる弁護士を選んだ方がいいでしょう。相談会などで相談しやすい弁護士を選定するのもよいですし、周りの人の口コミなどを聞いて参考にする方法もあります。債務整理を弁護士や司法書士に頼む時に用意しておくべきものは、身分証明書に印鑑、使っているクレジットカード、それと今借入をしている状況が確認できるもの全てです。あわせて、資産保有が証された書類も必要になることがあります。
もし契約書が残存していなかったり、クレジットカードを紛失していたとしても、調査すればいいだけのことですから諦めなくても大丈夫です。
借金問題が大変で相談